給湯器の寿命

マンションや一戸建てを購入し、住宅ローンの支払いを完済すれば自分のものとなりその後固定資産税の支払い以外にお金が必要なくなるといったことはありません。長年住んでいると家は傷んできますのでリフォームが必要となります。給湯器もその一つで長年使用していると壊れたりします。給湯器の寿命はおおよそ10年と言われていますがこれは使用状態や設置状態また給湯器自体の当たり外れにもより10年のものもあれば20年もつものもあります。およそ10年間はメーカーも保証期間としています。交換の目安は使用期間がおよそ10年で、この後に修理となると部品がないこともあります。なので10年以降で異常が見られたら買い替えをすることがベストです。

さて長年使ってきた給湯器がしばしばあったかいお湯がでなかったりと調子が悪いとまずメーカーに見てもらいます。ちょっとした修理でなおるのであれば良いのですが大規模な修理が必要であったり修理に時間がかかるのであればお湯は毎日使うものなので素早く交換してもらうことも無難です。修理で行ける時であっても、交換する場合設置スペースも含めどの給湯器が良いのか見積もりしてもらうと良いです。そうすればいざ交換という時にすぐに注文することが出来ます。また業者により工事費・給湯器の本体価格も異なるためあらかじめ何社かに見積もりを出しておいてもらうことをお勧めします。そうすれば業者選びもスムーズに進み、すぐに復帰して今まで通りお湯を使うことが出来ます。